禅林寺・紅葉

永観堂 禅林寺は、秋の紅葉で全国的にも有名な京都「永観堂」ですが、正式名称は「禅林寺」といいます。毎年、秋になれば観光客で賑わう永観堂ですが、その歴史ある建物や庭園と、赤色に染まる境内の紅葉のコントラスが言葉にならないほどの美しさで圧倒されます。永観堂 禅林寺はかなり広い寺院ですが、全体的にとても手入れが施されていて、誰もが「綺麗」といった印象を抱くように思います。また、建造物群と自然が上手く溶け込んでおり、歴史も感じさせる癒しのパワースポット空間を生み出しています。「見返り阿弥陀」が祀られている本堂の阿弥陀堂から開山堂へと続く「臥龍廊」は特徴のある形状で見所のひとつ。ちょっぴりスリル感といったものも感じることができるのではと思います。また、急な階段を登る必要がありますが、多宝塔から見降ろす京都市内の絶景は登るだけの価値があると思います。

DSC00974.jpg
スポンサーリンク

スポット

スポット名:禅林寺

場所:京都府京都市左京区永観堂町48

アクセス:京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩約15分 あるいは 京都市営バス5番系統「南禅寺永観堂道」で下車、徒歩3分

>>禅林寺のクチコミ情報・スポットはこちらをクリック<<

>>京都周辺の「歴史」観光スポット&口コミはこちらをクリック。<<

気に入っていただけたらポチッ回どれかに押して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする