善峯寺「紫陽花」

善峯寺は、1029年、源算上人が創建。西国三十三ヵ所第20番札所として多くの参拝客が訪れる。西山の中腹に位置し、京都市内を一望できる境内からの眺めは絶景。

境内は3万坪の広さで、樹齢300年を超える枝垂桜の巨木をはじめ、山桜やソメイヨシノ、アジサイ、そして紅葉樹と、数多くの花木があり、四季折々の彩りが楽しめる。

また、高さは2m強ながら、横へ37m以上も幹を伸ばし、龍の姿に似ている「遊龍の松」は天然記念物となっている。また、夏は約3,000坪ある白山あじさい苑では、「額あじさい」「山あじさい」「西洋あじさい」など約20種類、約1万株が山肌を埋め尽くす「紫陽花」が鑑賞でき、あじさい越しに望める京都市街の風景は、写真愛好家たちにも撮影スポットとしてとても人気があるようです。

DSC00099.jpg DSC_0010.jpg DSC00070.jpg DSC_0062.jpg

スポンサーリンク

スポット

スポット名:善峯寺「紫陽花」
場所:京都市西京区大原野小塩町1372
アクセス:JR向日町駅下車または阪急東向日駅下車、阪急バス66番(善峯寺行き)30分、終点「善峯寺」下車、徒歩8分。

>>善峯寺のクチコミ情報・スポットはこちらをクリック<<

>>善峯寺の他に京都周辺の「歴史」観光スポット&口コミはこちらをクリック。<<