愛宕念仏寺・紅葉

愛宕念仏寺は、昔、愛宕郡と呼ばれていた京都の地に奈良時代末、聖武天皇の娘の称徳天皇が「愛宕寺」と呼ばれる寺を創建したことにはじまる寺院です。本尊は「厄除千手観音」。平安時代の頃より、厄除けの寺として信仰されてきました。そのほか火之要慎の札で知られる「火除地蔵菩薩」や手で触れてお参りできる観音様がまつられています。また境内には1200体もの羅漢が並び、、訪れる人々の心を和ませてくれる。秋の紅葉を背景に静かに佇む本堂や羅漢さんは特に趣深く独特な情景を伝えています。

DSC01647.jpg
スポンサーリンク

スポット

スポット名:愛宕念仏寺

場所:京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町 2-5

アクセス:京都バス「愛宕寺前」バス停下車すぐ

>>愛宕念仏寺のクチコミ情報・スポットはこちらをクリック<<

>>京都周辺の歴史観光スポット&口コミはこちらをクリック。<<

気に入っていただけたらポチッ回どれかに押して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする