鎌倉大仏(高徳院)


強烈な存在感を放つ、高徳院の本尊「阿弥陀如来像」。「鎌倉大仏」や「長谷の大仏」の愛称であまりにも有名です。
高さ約11.39メートル(台座を含めると約13.35メートル)、重量は約121トン。その大きさはまさに「大仏」と呼ぶに相応しく、見る者を圧倒します。また、大きさだけでなく、中国宋の様式と慶派(日本の仏師の一派)の影響が融合した、鎌倉の仏像独特の美しさも魅力的。
奈良の大仏と比べ、ほぼ造像当初の姿を残している点も貴重で、鎌倉の仏像で唯一国宝に指定されています。名所たるに相応しく巨大で美しい「鎌倉大仏」は、高徳院のみならず鎌倉の街のシンボルとして親しまれています。

DSC09755.jpg DSC09760.jpg DSC09758.jpg

スポンサーリンク

スポット

スポット名:鎌倉大仏(高徳院)
場所:神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
アクセス:江ノ電長谷駅から徒歩で6分

>>鎌倉大仏のクチコミ情報・スポットはこちらをクリック<<

>>鎌倉大仏の他に鎌倉・湘南周辺の「歴史」観光スポット&口コミはこちらをクリック。<<