果無集落(熊野古道小辺路)

熊野参詣道小辺路は、真言密教の総本山高野山から熊野本宮大社にいたる全長72kmの聖なる祈りの道です。2004年7月「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産に登録されました。

熊野道と高野道が紀伊半島の奥深い山岳地帯を聖地が結び、ほぼ一直線に十津川村を縦断しています。高野山金剛院の参道から始まり伯母子峠、三浦峠、果無峠と1,000メートルもの3つの峠を越えて熊野本宮へと参るルートです。

道中には石畳や苔むした石仏が優しく見守り、昔の古道の雰囲気が色濃く残っています。 十津川村の中でも世界遺産が通る果無集落は果無山脈を見渡すその美しさから「天空の郷てんくうのさと」と呼ばれています。

果無集落は昔ながらの古き良き日本の生活が残っており、のどかな暮らしに旅人がしばし「ほっ」とするスポットです。

DSC_0055.jpg DSC_0081.jpg DSC_0085.jpg DSC_0091.jpg

スポンサーリンク

スポット

スポット名:果無集落(熊野古道小辺路)
場所:吉野郡十津川村桑畑
アクセス:毎週月曜日(祝日以外)に十津川温泉発の果無集落一番奥までのバス運行あり。中果無にて下車。石碑はバス停から徒歩1分

>>果無集落のクチコミ情報・スポットはこちらをクリック<<

>>果無集落の他に十津川・吉野・天川・五條周辺の観光スポット&口コミはこちらをクリック。<<